意外と知らない!?中国の習慣 食事編

中国では人脈がカギを握るとよく言われますが、ビジネスの上でも会社と会社ではなく個人同士の関係をとても重視します。そのためのお互いをよく知るための第一歩として、まず一緒に食事に行くということが一般的です。
日本人はプライベートな付き合いを分けて考える人も多いですが、中国ではビジネス上欠かすことの出来ないものですので、誘われたら断わらないほうが良いでしょう。
中国でも食事の席ではマナーが存在し、知らないと場合によっては相手の気分を害してしまうこともありますので、おもてなしを受ける側として最低限必要な知識を押さえておきましょう。食事に招待される際は中華料理を食べることが多いと思いますので、今回は円卓での中華料理におけるマナーを中心にご紹介します。

1.座る場所

日本と同じように中華テーブルの座席にも上座・下座が存在します。
一般的に出入り口から一番遠い奥の席が上座となりますが、部屋によっては奥の席に絵や壺が置かれていたりする場合があるので、その手前の席が上座となります。
下記の図ですと①が上座、その後左右の順番に座っていきます。

中国の上座と下座

2.注文

基本的には主人(招待した人)が注文をします。何が食べたいか、好き嫌いは無いかなど聞かれることもあると思いますので、リクエストがあれば伝えてください。中華料理はたくさんの料理を頼んで、みんなでシェアしますので、自分一人で食べるような料理は注文しないようにしましょう。
中華料理の基本的な構成は突き出し(軽くつまめるもの)、スープ、前菜(野菜料理など)、メイン料理(肉や魚)、主食(チャーハンや麺)、デザートで構成され、人数によって注文数を調整します。

3.食事

中華料理フルコース

食事が運ばれてきたら、基本的には目上の人から順に1、2口分だけ自分の皿に取り分け、基本は時計回りで次の人のところまでテーブルを回します。自分がメインの客の場合は自分からです。中華料理の品数が多いので、各皿少しずつ食べていくのが良いでしょう。もう少し食べたければ全員が取り終わった2周目で再度取ります。テーブルを回す際は、他の人が取っている最中ではないかなど、周りをよく見てから回すように注意してください。
また骨などの食べかすは自分の皿に置いておくと、店員が皿を取り替えてくれます。丸テーブル上の皿の上には戻さないようにしましょう
後半、お腹が一杯になってきたら料理は少しだけ残すことが大事です。これは主人が招いた客に対して十分にご馳走することがおもてなしの気持ちの表れとされているからです。日本人は残すのが申し訳ないと感じてしまうので、一生懸命食べようとしてしまいますが、これだと主人はまだ食事が足りないのかと思い追加で注文をしてしまいます。

4.お酒

 食事がひと段落してくると、個人同士の乾杯がどこからともなく始まります。飲めない体質の人はきちんとそれを伝えれば大丈夫です。通常は「乾杯(ガンベイ)!」といってグラスを重ねますが、中国の乾杯は日本のカンパイ違い、文字通りグラスが空になるまで飲み干すのが基本です。ただ最近ではそこまで激しい飲み方も減ってきていて、好きな量だけ飲むことも増えていますので、相手が「随意(スイイー)」と言ったら飲み干さなくても構いません。
 さらにお酒が進んでくると白酒(バイジュウ)と呼ばれる、アルコール度数50度近くのお酒が出てくることもあります。こちらは小さなおちょこで飲み、同じく1回で飲み干すのが基本的なスタイルです。

白酒

5.お会計
お会計は主人が全額を支払います。日本人の感覚ですと割り勘であったり、一部出さないと申し訳ないのではと考えてしまいますが、中国では必ず1人が全員分を支払います。
これは、「今回は私が出すので、次回はあなたが出してください(=次回もまたやりましょう)」という中国式の歓迎の表現です。中国人の感覚ですと日本の割り勘はお互いの貸し借りが無いため、今回きりという感じがして味気なく感じてしまうようです。
とは言っても客側も主人が出すのが当たり前という態度では少し横柄に見えてしまうので、私が出しますという形式上のパフォーマンスはあった方が良いでしょう。
だいたいは「私が出します」「いえ、今回は私が」「いえいえ、私が出しますよ」というやりとりが2、3回続いた後に「わかりました、では今回はご馳走になります。次回は私がご馳走しますよ」となり、落ち着きます。
このやりとりは日本人から見てとても面白いもので、中国人同士の場合だとお互いのメンツのため自分が支払うと言い張るあまり、時には本気で喧嘩を始めてしまうこともあります。

いくつか基本的なマナーをご紹介しましたが、中国は比較的マナーには寛容な国です。お互いを尊重する気持ちが伝われば、それほど気にしすぎる必要はありません。食事を通してお互いを知ることで、よりビジネスが円滑に進めやすくなることも多いと思いますので、ぜひ積極的に機会を設けてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加