中国IT業界の今がわかる!人気無料アプリ30選(後編)

今回は前回に引き続き、中国の人気無料スマホアプリ30選の後編です。

前編はこちら
中編はこちら

■旅行

携程旅行(英語名:Ctrip)

2億人以上のユーザーがダウンロード、アクティブユーザー1億人超、中国シェア第1位の旅行ポータルサイト携程旅行網(Ctrip.com)のアプリ。観光地の口コミ情報や、入場チケット、エアチケット、ホテル、団体旅行のプランなどの検索、予約、購入などが出来る。運営会社のCtripは2003年12月にアメリカNASDAQに上場。2013年の売上高約895億円。売上の約80%がホテルと航空会社からの手数料収入である。

去哪儿(英語名:Qunar)

日本語の読み方はチューナー、中国シェア第2位の旅行ポータルサイト去哪儿網(Qunar.com)のアプリ。ユーザー数は5000万人を突破。運営会社のQunarにはBaiduが50%以上出資している、2013年11月にNASDAQ市場に上場。2013年の売上高約140億円。売上の約90%が広告収入である。

■生活

大衆点評(英語名:Dazhong dianping)

ユーザー数1.3億人の生活口コミサイトDianping.com(中国語名:大衆点評網)のアプリ。
飲食店、小売店、ホテル、病院など、生活に関するあらゆる店や施設が対象となっており、共同購入形式でクーポンを購入することも出来る。登録店舗数は1000万店舗、国内外合わせて2300以上の都市に展開。日本でも東京、大阪、京都でサービスを展開している。2014年2月にTencentが20%出資。

美団団購(英語名:Meituan tuangou)

9000万人のユーザーが利用する中国最大のクーポン共同購入サイトmeituan.com(中国語名:美団網)のアプリ。レストランやホテルのクーポンを購入できる。人人網のファウンダーである王興(Wang Xing)が始めたサービスで、2011年7月にAlibabaが5000万ドル出資している。2013年度の売上高は約2650億円。

豆果美食(英語名:Douguo Meishi)

中国版クックパッド。ダウンロード数4500万、登録ユーザー数400万人の中国最大のレシピサイトDouguo.com(中国語名:豆果網)のアプリ。レシピの投稿、ユーザー同士の交流などが出来る。投稿されたレシピは20万件を超え、ユーザーの80%は25~35歳の女性が占める。

■天気予報

墨迹天気(英語名:MoWeather)

中国2488の都市をカバーする天気予報アプリ。ユーザー数は2億人を突破。PM2.5の指数なども確認でき、大気汚染への市民の関心の高まりとともに、ユーザー数が増加している。

■教育

網易公開課(英語名:Wangyi gongkaike)

中国版MOOC。ハーバード大学、スタンフォード大学、MITなど、世界中の有名大学の講義をオンラインで受講できるアプリ。ユーザー数は1000万を超えていると言われている。
運営するNetEase(中国語名:網易)は163.com(中国語名:網易)というポータルサイトを運営。2003年にNASDAQに上場。2013年度の売上高は約1600億円。

■娯楽

唱吧(英語名:Changba)

ユーザー数1億人を突破したカラオケアプリ。音楽とともに歌詞が画面に出てくるほか、自分の歌声を加工することもできる。この機能を使って多数のユーザーがSNS上に自分の歌をアップしている。

3回に分けてご紹介しましたが、中国のインターネット普及率は50%程度でまだまだユーザー数が伸びていくことが予測されます。またBaidu、Alibaba、Tencentの3大IT企業の影響力が非常に大きく、様々な分野に進出していることがわかります。この3企業は頭文字を取ってBATと呼ばれています。Alibabaの上場などの話題もあり、今後も中国のIT企業の動きに注目です。

このエントリーをはてなブックマークに追加